IT関連

アクオスセンス2とギャラクシーフィール2を比較してガラケーからスマホに機種変更!


スポンサーリンク

docomo(ドコモ)のガラケーからスマホへの機種変更を考えています。

docomo with(ドコモウィズ、どこもうぃず)の対象機種であるアクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L)とギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L)、どちらを購入しようかと検討しています。

docomo(ドコモ)のスマホに機種変更する際のポイント

ドコモのガラケーからスマホへ機種変更する際の検討のポイントは以下の通りです。

・端末の容量
・メモリ
・カメラの性能
・ワンセグが利用できるか?
・おサイフケータイか?
・価格





端末の容量を気にする理由

格安シムでスマホを利用していますが端末(HUAWEI(ファーウェイ)社のP9 Lite)の容量が16GBです。

いろいろとアプリを入れていますが、最近は新しいアプリをインストールする度に、容量が不足していますと表示され、使っていないアプリをアンインストールしながら、新しいアプリをインストールしています。

なるべく無駄なアプリをインストールしなければ良い訳ですが、ゲームをアプリをいくつかインストールすると結構な容量となってしまうこともあるため端末自体の容量は多いに越したことはないと思っています。

この煩わしさを感じることなく端末を利用したいと思っているため、端末の容量はなるべく大きい方が良いと思っています。

メモリを気にする理由

スマホでゲームアプリを利用していますが、ゲームをするときになるべくサクサクと動いて欲しい、またアプリをいくつか起動していてもなるべくスムーズに動いて欲しいと思っているので、なるべくメモリは大きいものが良いと思っています。

カメラの性能を気にする理由

子どもたちの写真を、何気ない日常の写真を撮りたいためです。

ポーズを決めてくれることもあれば全くポーズをとらず、ひたすら動いていることもありタイミングを合わせるのが難しいです。

そのため、 すぐにフォーカスが合うことや、手ぶれ補正があるのかなどが気になります。

ワンセグが利用できるか?

ガラケー時代からワンセグを利用していました。

特に通勤時、それも帰宅時にサッカーの試合があれば視聴することが多く、スマホにすることでワンセグが視聴できなくなることがないようにしたいという思いからです。

たかが通勤時間ですが、その時間でライブでサッカーを視聴することが息抜きになることもあるのでこの点は外せないポイントになっています。

おサイフケータイか?

ガラケーでナナコ(nanaco) を利用していますが、スマホに替えても継続して利用したいと思っているためです。

ナナコ(nanaco)はカードでも利用できますが、カードを利用していると財布にカードを収納することになり財布が膨らんでしまうこともあるので、スマホで利用できるのであればカードを持つ必要もないためなるべくおサイフケータイを利用したいと思っています。

ちなみに、格安シムを利用している端末(ファーウェイ社のP9lite)はおサイフケータイが利用出来ませんでした。

また、今後、キャッシュレス化が進むと考えているので、おサイフケータイが利用できる端末の方がよいと思っているからです。

価格を気にする理由

端末の価格があまりにも高いと、端末代金を分割で購入する場合は月々の端末代が高くなってしまうので、なるべく端末代が高くならないようにと思っているためです。

docomo with(ドコモウィズ、どこもうぃず)の対象端末であれば月々の割引として1500円(税込で1620円)が割り引かれること、さらに、同じ端末を利用していればこの割引額がずっと続くことを考えると端末を長く使えば使うほどお得になります。

このような点を検討ポイントとして、アクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L)とギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L)を比較しました。

アクオスセンス2とギャラクシーフィール2の比較

アクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L)とギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L)について、上記の点を比較してみると以下のような結果となりました。

アクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L)の結果

端末の容量 32GB
メモリ 3GB
カメラの性能 アウトカメラ 約1200万画、インカメラ 約800万画素
ワンセグが利用できるか? ワンセグなし
おサイフケータイか? 有
価格 機種変更(ガラケーからスマホに変更)の場合 1323円×24回 総額31752円

カメラはAIによって自動的にモードを選択してくれるとのこと。また、手ぶれ補正もある。

ギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L)の結果

端末の容量 32GB
メモリ 4GB
カメラの性能 アウトカメラ 約1600万画、インカメラ 約1600万画素
ワンセグが利用できるか? 可能
おサイフケータイか? 可能
価格 機種変更の場合 1755円×24回 総額42120円

この結果から、価格の差として、月々432円(2年間で10368円)の差がありますが、ワンセグが利用できること、メモリの容量が4GBと多いこと、長く使うことを考えると少しでもスペックが良い物の方が長く使えるのではないかという点からギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L)にしました。

ちなみに、上記以外の内容で調べて分かったことは以下のとおりです。

CPUの違い

ギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L)のCPU(しーぴーゆー)は サムスン電子によるCPUで、Exynos(エクシノス)7885です。

一方、アクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L)のCPUはQualcomm(クアルコム)社というアメリカの企業が開発しているSnapdragon(スナップドラゴン)450というCPUです。(実際にはSoc(System on a Chipの略称)と呼ばれており、1つのチップにCPUやメモリやGPUなどが搭載されています。)

なお、Exynos(エクシノス)7885とSnapdragon(スナップドラゴン)450を比べると、Exynos(エクシノス)7885の方が性能がよいです。

画面の違い

画面サイズの違いですが、ギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L)は5.6インチで、アクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L)は5.5インチです。

画面サイズの違いはありますが、端末自体の大きさはほとんど変わりません。(端末の大きさは実際に触ってみましたがほぼ同じでした。)

ギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L):約149mm 約70mm 約8.4mm 重さ 約168g
アクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L):約148mm 約71mm 約8.4mm 重さ 約155g

また、ディスプレイについては、ギャラクシーフィール2が有機ELディスプレイを採用しているのに対して、アクオスセンス2は液晶ディスプレイ(IGZO(イグゾ)ディスプレイ)を採用しています。

なお、有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの違いですが、 以下のような点があります。

・ディスプレイの厚さ(有機ELディスプレイの方が液晶ディスプレイよりも薄くて軽い)
・消費電力(有機ELディスプレイの方が液晶ディスプレイよりも消費電力が少ない)

有機ELディスプレイですが、素子と呼ばれる小さなドットに電圧をかけることで発光するためバックライトが必要ありません。それに対して、液晶ディスプレイはバックライトが必要でありバックライトの光を液晶が通したり、遮ったりして映像を画面に表示しています。

有機ELディスプレイには、このバックライトがないため薄くすることもできますし、薄くすることで重さも軽くすることが可能になります。

また、素子自体が発光するため消費電力も少なくて済むというメリットがあります。

このようにメリットがありますが、デメリットもあります。有機ELディスプレイの一番のデメリットは寿命が短いということです。

一般的に有機ELディスプレイの寿命は3万時間と言われています。一方、液晶ディスプレイの寿命は6万時間とのことです。この時間だけを比べると液晶ディスプレイの方が寿命は2倍長くなります。

ただし、あくまでも時間を比べた場合の結果であって、3万時間であっても1日当たりスマホを12時間利用すると想定すると2500日は利用可能となり、約6.8年は利用できる計算です。

スマホの買い替えのタイミングを考えた場合、有機ELディスプレイの寿命が6年くらいであれば買い替えるまでの間に寿命を迎えることはないかと思います。

また、有機ELディスプレイの寿命を気にするよりも、薄くて軽いディスプレイのため落とした時に破損してしまう可能性の方を気にした方が良いのではないかと思います。

そのため、ディスプレイの保護フィルムやケースなどでスマホを落とした場合でもディスプレイが破損しないような対策をしておくことが必要ではないかと考えています。

多少、保護フィルムやケースなどが高くついたとして液晶ディスプレイよりも落とした時に壊れる可能性が高いということを意識しておいた方が良いかと思います。

バッテリーの違い

バッテリーの容量は以下の通りです。

ギャラクシーフィール2(Galaxy Feel2 sc-02L):3000mAh 電池の持ち時間は約140時間
アクオスセンス2(AQUOS sence2 SH-01L):2700mAh 電池の持ち時間は約125時間

ギャラクシーフィール2の方がバッテリー容量が多く、電池の持ち時間も長くなっています。

ガラケーからスマホに機種変更するとプランはどうなる?

ガラケーからスマホに機種変更した場合ですが、プランは大きく変わります。

プランは以下のような3つの組み合わせから構成されています。

・基本プラン(主に電話をかける場合のプラン、データ通信のみのプランもあります)
・パケットパック(データ通信のプラン)
・インターネット接続料金

基本プランには4つのプランがあります。
(ここでは2年間の定期契約の場合で説明)

通話し放題 2700円
5分以下の通話は無料 1700円
通話ごとに料金がかかるプラン 980円
データ通信のみの場合のプラン 1700円

通話ごとのプランの場合、通話は30秒で20円です。

単純計算ですが、約19分までの通話なら通話ごとのプランの方が安くすみます。

パケットパック(ベーシックパック)

データ通信用のプランがパケットパックで、 一人でデータ通信をする場合(ベーシックパック)と家族でデータ通信の容量を共有する場合(ベーシックシェアパック)の2つのパターンがあります。

ひとりで利用する場合(ベーシックパック)

~1GB 3132円(税込)
~3GB 4320円(税込)
~5GB 5400円(税込)
~20GB 7560円(税込)

このベーシックパックですが、段階制のプランとなることに注意が必要です。ネットやSNSの閲覧やYouTubeでの動画視聴などでデータ通信をするかと思いますが、使った分だけの料金を支払います。

あらかじめ1GBまでや3GBまでというように上限を決めて、その上限を越えたら速度制限を実施するというわけではありません。ベーシックパックの上限は20GBで20GBを超えると速度制限がかかりますが、20GBまでは使った分だけを支払うようになります。

データ通信のデータ量が1GBまでなら3132円(税込)、データ量が3GBまでなら4320円(税込)となります。

このように使ったデータ量を元に段階制のプランとなっています。

あまり動画視聴をせずにデータ通信の量もそれほど多くないという場合であれば1GBまでのデータ量で済むかと思いますが、3GBを少しでも超えてしまうと5GBの5400円の料金がかかってしまうので、基準となるラインを超えるか超えないかを気にしないといけないという点で注意が必要です。

このように自分がどのくらいデータ量を利用しているのかが分からないと、どのタイミングで段階が切り替わるかも分からないと思います。

そこで「データ量到達通知サービス」を利用することをオススメします。

ベーシックパックの場合、1GB・3GB・5GBと段階(ステップ)が変動する200MB前に連絡をしてもらえるサービスです。

この「データ量到達通知サービス」は無料で利用できるので、申し込みをして利用するようにしてください。なお、申し込みをしないと利用できないので忘れずに申し込むようにしてください。(※実際の利用データ量と通知タイミングが異なる場合があるため、あくまでも目安として利用するようにしてください)

また、「My docomo(マイドコモ)」アプリを利用することでデータ量を確認することができるとのことですので、My docomo(マイドコモ)アプリの利用も検討してみてください。

このように、ベーシックパックは段階制プランとなりますが、定額プランもあります。それが「ウルトラデータLLパック」と「ウルトラデータLパック」です。

・ウルトラデータLLパック:30GBまでの定額プランで8640円(税込)
・ウルトラデータLパック:20GBまでの定額プランで6480円(税込)

それぞれ上限が決められているためこの上限を超える場合は速度制限がかかります。

もちろん、データ量通知サービスも利用でき、利用可能データ量の1GB前に通知が来ます。

家族で共有(シェア)する場合

~5GB 7020円(税込)
~10GB 9720円(税込)
~15GB 12960円(税込)
~30GB 16200円(税込)

家族で共有(シェア)するパケットパックは「ベーシックシェアパック」と呼ばれていて、このベーシックシェアパックも段階制のプランとなっています。

段階制のプランのため、ベーシックパックと同じように使った分だけの支払いとなり、少しでも5GB・10GB・15GBを越えてしまうと金額が次のステップの金額となるために注意が必要です。

この場合もデータ量到達通知サービスやMydocomo(マイドコモ)アプリなどを利用するのが良いです。

また、ベーシックシェアパックを利用する場合ですが、上記のプランが主回線にかかる金額で、それ以外の家族(子回線の方)の場合は以下のようになります。

・基本プラン
・インターネット接続料金(300円)
・シェアオプション月額定額料(500円)

子回線の場合はデータ通信料はかからない代わりにシェアオプションの月額料金として500円がかかります。

割引はあるのか?

上記の金額から割引はあります。

・ドコモウィズの1500円割引
・ずっとドコモ割
・ウェルカムスマホ割(ガラケーからスマホへ初めて移行した場合、キャンペーン期間中)

ドコモウィズ対象の端末の場合は、月々の金額から1500円が自動的に割引されます。

さらに、ずつとドコモ割という割引サービスがあります。

ドコモ回線の継続利用期間または6か月間の累計のdポイント獲得数によって5段階の割引が適用されます。

さらに、ガラケーからスマホに機種変更した場合は、はじめてスマホ割が13カ月適用されます。

ただし、2019年の4月にはドコモの料金プランが大きく変わることが予想されているので、そのときにどのように料金が下がるのかも大きな変更点か思います。

機種変更する場合はドコモオンラインショップ を利用する予定

機種変更する場合ですが、ドコモショップで手続きをするのではなく、ドコモオンラインで機種変更の手続きをしようと思っています。

ドコモショップ(店舗)ですと、待ち時間が長いこと、各種手続きをする時の事務手数料が3000円かかることと、頭金がかかることがあります。

ただ、 あらかじめ予約 をすれば、待ち時間はなくてもすみますが、事務手数料、頭金がかかること、オンラインショップでは24時間いつでも手続きができることを考えるとオンラインショップでの利用を考えています。

また、オンラインショップで手続きをする場合ですが、事務手数料がかからないこともあり、その点でもドコモショップよりもオンラインで手続きをしようと思う理由です。

docomo with(ドコモウィズ)の対象機種の一覧

ドコモウィズ(どこもうぃず)の対象となる機種ですが、2019年1月5日時点ではギャラクシーフィール2とアクオスセンス2以外には以下のような機種があります。

・arrows Be F-04K(アローズビーエフ04ケー)
・LG style L-03K(エルジースタイルエル03ケー)
・MONO MO-01K(モノエムオー01ケー)
・AQUOS sense SH-01K(アクオスセンスエスエイチ01ケー)
・らくらくスマートフォンme(F-01L)
・らくらくスマートフォンme(F-03K)
・iPhone6s(アイフォン6エス)

上記のようにiPhone6s(アイフォン6エス)の32GBもドコモウィズ(どこもうぃず)の対象機種となっています。

最後に

ガラケーからスマホに機種変更するのであれば、2018年12月1日から適用されたキャンペーン・ウェルカムスマホ割が適用される今のタイミングかなと思っています。

また、2019年4月にも料金が値下げされる予定となっているので、スマホの利用料金は今後下がっていくのではないかと思っています。

ただ、2019年4月に利用料金が値下げされる予定があるのでウェルカムスマホ割もいつまで続くのかは分かりません。

このような状況でもあるので、今のタイミングでガラケーからスマホへの機種変更をしようと思っています。

それにしても、今回調べてみてドコモの料金体系はややこしいなぁと思いました。

まずは、電話をかける場合のプランとインターネットに接続してデータ通信をする場合のプランがあること、データ通信のプランは、一人の場合のデータ量のプランと家族でデータ量を共有する場合のプランがあること。

データ通信のプランは、段階制のプランと定額のプランが存在していること、さらに、データ通信のプランにはドコモ回線の利用年数に応じた割引が適用されること、もしくは、dポイントの6か月間の累計ポイントに応じた割引が適用されることなど。





どうしてこんなに複雑になってしまっているのか?と不思議で仕方ありませんでした。(今回、調べたことでようやく仕組みが分かってきましたが、今回記載しているプランは2018年5月ごろから適用されたプランのため、それ以前のプランと比較した場合にどうか?という点も考えないといけないこともあるので、その点がまた複雑にしているとも思っています。)

また、ドコモの料金プランを調べている途中にたまたま親からスマホ代が高いからプラン見直しをしたいと話しがありました。

親も料金が高いことは気になっていたようでしたが、話しを聞いても分からないから一緒にドコモショップに行って欲しいとも言われました。

親のプランの見直しをすることもひとつの親孝行になるかと思いつつ、同じような状況の人も数多くいるのではないかとも思いました。機会があれば、親のスマホのプランの見直しも実施してみてください。

 

→ LINE(ライン)のトークで送られてきた写真を効率よく整理しておく方法
→ SIMカード(シムカード)だけの乗り換えでLINE(ライン)はすぐに使えるのか?
→ 楽天ペイアプリは楽天カードと組み合わせて二重でポイント取得!
→ 「正しい家計管理」(林あつむ著)を読んで分かった予算で支出をコントロールする方法
→ チャットのカスタマーサポートを運用して分かった対応時のコツ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. LINEウォレット(ラインウォレット)って何?
  2. 新ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は水玉柄のマーカー式でスマホで撮…
  3. LINEスコア(ラインスコア)とは?15個の質問から算出された!…
  4. タブレット学習(勉強)に取り組んだ小学一年の娘を見ると遊びの延長…
  5. アマゾンエコードットを車内で聴くコツはプレイリスト!
  6. タブレットを車内で使うためのコスパの良い車載ホルダーとアマゾンビ…
  7. ダイヤモンドダイアリーの攻略法やアイテムの使い方・高得点の獲得法…
  8. 未来予測の4CAST(4キャスト)でラインポイントを稼ごう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP