IT関連

ドラクエウォークの一章を攻略して分かった7つのこと


スポンサーリンク

ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)の一章をクリアして分かった効率のよい攻略法を、クエストの進め方、ボスについて、仲間について、レベル上げ、モンスターのこころ、ランドマーク、装備についての7項目をまとめてみました。

ドラクエウォーク(DQウォーク)を有利に進めるためのポイントや自分が操作してこうやっておけば良かったことなどをまとめているので攻略じょうほとして参考にしていただければ幸いです。

自分なりにドラクエウォーク(DQWALK)をプレイしての攻略方法となるのでwikiまでとはいきませんがポイントとなることを中心にまとめています。

ドラクエウォーク(DQウォーク)のクエストの進め方

ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)ですが、クエストと呼ばれる章だてでゲームが進みます。

このクエストを進めるにあたって必要となるのが「導きのかけら」と呼ばれるアイテムです。

クエストを進めるにあたり、あらかじめ導きのかけらの数が決められています。

その導きのかけらをDQウォークではモンスターを倒したり、クエストをクリア(攻略)しながらゲーム(冒険)を進めます。





なお、モンスターを倒すと10個の導きのかけらを手に入れることができ、クエストを攻略することでも導きのかけらが手に入ります。

クエストを攻略した際の導きのかけらですが、自分がクエストを実施するにあたり設定した目的地によって、もらえる導きのかけらの数が異なります。

DQWALKのクエストを進める場合ですが、冒険のフィールド上に表示された複数の目的地からひとつを選択します。

このフィールドですが普段わたしたちが生活している地図(場所)が利用されています。

その地図上にいくつかの目的地が表示されるとともに、設定した目的地によっても、もらえる導きのかけらの数も異なります。

なお、自分が今、いる場所から遠い所を目的地と設定すれば、するほどクエストを攻略した場合の導きのかけらの数も多くなります。

クエストの目的地は自分で自由に設定できる!

DQWのクエストを実施するに目的地を選択しますが、画面上に表示された目的地だけでなく、自分で決めることも可能です。

目的地を選択する画面の画面下に「どこでも目的地へ」というボタンがあります。

そのボタンを押すと、自分で目的地を設定できるようになります。

この「どこでも目的地へ」ボタンを利用することで、より遠い場所に目的地を設定すれば、効率よく導きのかけらを集めることができ、ドラクエウォーク(DQウォーク)の攻略法のひとつとなります。

例えば、通勤や通学の場合、自宅を出るときに駅を目的地に設定しておけば、通勤通学時間を利用してスムーズに導きのかけらを集められます。

ドラクエウォークを操作しだしてから途中でこのことに気が付いたこともあり、最初からこの方法を利用しておけばうまく時間を使いながらドラクエウォークを攻略できたと思いました。

ただ、このどこでも目的地ですが1日に1回しか利用できません。

ただ、どうぐの中に「導きのつばさ」というアイテムがあり、この「導きのつばさ」を利用すると「どこでも目的地」と同じように好きな場所に目的地を設定することができます。

あまり利用することはないかもしれませんが「導きのつばさ」というどうぐがあり「どこでも目的地」と同じ機能が利用できると知っておいてください。これもDQWALKの攻略情報のひとつです。

また、クエストを実施する場合、画面の右上にマップというボタンがあります。

このボタンで画面の表示を切り替えることができます。

目的地がどこか?という場合に自分が歩いてる方向性と目的地の位置が分かりやすいような表示に切り替えることができます。

そのため、馴染みのない場所、たとえば、旅行などで初めて訪れた場所などでドラクエウォークをプレイする場合などで利用するとよいかと思います。

また、一章には全部で10個のクエストが用意されています。

このクエストのクリアの条件としては、ボスを倒すものもあれば、目的地に到着してストーリーが展開されれば終了というものもあります。

なお、1章でボスが登場するのは5回で、2話、4話、6話、8話、10話です。

ドラクエウォーク(DQウォーク)の1章で登場するボスについて

ここではドラクエウォーク(DQウォーク)の1章で登場するボスについての情報としてHPや倒した後の経験値やゴールドを説明しています。

2話のボスはゴースト

DQWALKの1章2話に登場するボスは「ゴースト」です。

おそらくこの時には福引を利用して「はがねのつるぎ」を手に入れているかと思います。

「はがねのつるぎ」は武器のレベルが1から「かえん斬り」というスキルを利用できるので、この「かえん斬り」を利用してゴーストを倒しましょう。

ちなみに、ゴーストはメラ属性が弱点のため、効率よくダメージを与えることができます。

4話のボスは「メーダー」

次にDQWALKの1章4話のボスについてですが、1章4話のボスは「メーダー」です。

自分がプレイして戦闘(バトル)をした場合ですが、82のダメージを与えた所で倒すことができました。

また、倒すことで18の経験値と23ゴールドを手に入れることができました。

4話のボスはメーダーだけのため、「かえん斬り」を使って効率よくダメージを与えることでスムーズに攻略できるかと思います。

なお、ボス戦はスキルを活用して戦うことで効率よくボスを倒せますので、スキルを活用するということが攻略法になります。

6話のボスは「メラリザード」が2匹

DQWALKの1章6話のボスは「メラリザード」です。

メラリザードですが、77のダメージを与えた所で倒すことができました。

メラリザードと名前に「メラ」とあることからメラ属性のモンスターです。そのため「かえん斬り」では効率よく攻撃できないため、通常の攻撃で対応するのがよいかと思います。

メラリザードを2匹倒すことで、84の経験値と78ゴールドを手に入れることができました。





8話のボスは「キャタピラー」と「オニオーン」が2匹

DQWALKの1章8話のボスは「キャタピラー」と「オニオーン」が2匹です。

モンスターが3匹となるボス戦です。

3匹となると攻撃を受ける回数が多くなるので、先に「オニオーン」から倒していくのがよいかと思います。

オニオーンには、全部で63のダメージと66のダメージを与えて倒すことができました。
また、オニオーンはメラ属性が弱点です。

キャタピラーについては118のダメージを与えて倒すことができました。

なお、86のダメージを与えた時点では倒すことができず、その次の攻撃で32のダメージを与えて倒すことができたので、90~100くらいのHPかと思います。

この3体で122の経験値と89ゴールドが獲得できました。

10話のボス戦は連戦

DQWALKの1章10話のボス戦ですが2連戦となります。

まず1戦目として「ぶちスライム」が2匹と「メタッピー」が1匹登場します。

ぶちスライムは62のダメージを与えることで倒すことができました。

また、メタッピーは80のダメージを与えることで倒すことができました。

この3体を倒した後に1章の最後のボスである「キメラ」が登場します。

ただし、1戦目が終了した時点で回復ができます。

「まんたん」というボタンが表示されるので、じゅもんもしくはどうぐ(やくそう)などで回復することができます。

そのため、「キメラ」との戦闘の前にHPを回復することをオススメします。

2戦目は「キメラ」が1匹と「わらいぶくろ」が2匹登場します。

わらいぶくろはメラ属性が弱点のため「かえん斬り」が効果的でした。

111のダメージを与えることで倒せました。

「キメラ」についてはメラ属性に耐性があるので普通の攻撃を利用しました。

キメラは162のダメージを与えることで倒すことができました。

また、きめらは「ひのいき」を使い全員に攻撃してきました。ダメージは15くらいです。

これらのモンスターを倒して332の経験値と198ゴールドを獲得できました。

あと、ボス戦の場合ですが、クエストの目的地に到着するとボス戦の画面になりますが、その画面に宝箱が表示されている場合があります。

この宝箱を開けずに進んでしまうと宝箱の中身を手に入れることができないので、必ず宝箱を開けてからボス戦に進むようにしてください。

ドラクエウォーク(DQW)の仲間について

DQウォークの1章ですが、1章5話をクリアすると僧侶が仲間になります。

僧侶はHPを回復することができる「ホイミ」を最初から使うことができます。

そのため戦闘中にHPが少なくなったら「ホイミ」を使って回復するようにしてください。

もちろん、やくそうを使っても構いません。

また、僧侶はレベル10になると「バギ」という攻撃魔法を覚えます。

この「バギ」は敵全体にダメージを与えることができる攻撃魔法のため、1章10話のボス戦までに覚えておくことができると、効率よくボス戦を戦うことができるので攻略方法として僧侶のレベルをレベル10にしておくとよいです。

また、僧侶以外の仲間ですが2章で「武道家」と「魔法使い」を仲間にすることができます。

「武道家」が2章1話で、「魔法使い」が2章5話をそれぞれクリアすると仲間になります。

仲間が増えたら忘れずに実施したいのが、「装備の確認」と「モンスターのこころ」の装備です。

武器や防具はあらかじめ装備していますが、自分がもっている武器や防具で能力がアップできる可能性がありますので、武器や防具の確認をするようにしてください。

また、同じように「モンスターのこころ」も装備するようにしてください。「モンスターのこころ」は装備することで仲間の能力もアップすることできるので、仲間が増えたら「モンスターのこころ」も装備することで能力アップできるのでDQWALKの攻略情報として覚えておいてください。

ドラクエウォークのレベル上げについて

ドラクエウォークですがモンスターとの戦闘で経験値を獲得することでレベルが上がっていきます。

レベルが上がることでスキルや新しいじゅもんなどが使えるようになります。

そのため、ドラクエウォークを進めていく中で、クエストのボス戦を攻略するために、経験値を獲得するレベル上げが必要になってきます。

この「レベル上げ」について効率のよい方法やレベル上げの自分なりのコツも記載しておきます。

・においぶくろを利用する
・オートバトルを利用する
・ウォークモードを利用する
・モンスターをタップする

レベル上げを実施する場合ですが、上記のような方法を利用してモンスターとのバトルを攻略しています。

・においぶくろを利用する

これはどうぐ(アイテム)のひとつである「においぶくろ」を活用したレベル上げになります。

DQWの画面上には回復スポットがあり、その回復スポットで回復した場合やクエストをクリアした場合に「においぶくろ」というアイテムが手に入ります。

この「においぶくろ」ですが、モンスターを呼び寄せるためのどうぐ(アイテム)になります

この「においぶくろ」を使った場合ですが5分間という制限時間はありますが、その時間内であればモンスターが主人公の周りに集まります。

その集まったモンスターを倒しながら経験値をためてレベル上げを行うというのが、私のDQウォークでの効率よくレベル上げを行うための攻略法になります。

「においぶくろ」の他には、「上級においぶくろ」というどうぐ(アイテム)もあり、こちらは効果は20分間となるため、より効率よくレベル上げができます。

外を歩き回ることができないが、自宅にいて少しでもレベル上げをしたいという場合などに利用している方法です。

・オートバトルを利用する

このオートバトルは、自宅にいる時でレベル上げをしている時に「においぶくろ」と合わせて利用している方法です。

「においぶくろ」でモンスターを呼び寄せながら、モンスターとの戦闘(バトル)の時は自動的に戦わせて、なるべく自分の操作が必要ないようにしています。

ちなみにオートバトルを利用する場合は、キャラクターごとに「さくせん」を設定しておきます。

DQウォークには以下のような4つの「さくせん」が用意されています。

・ガンガンいこうぜ
・バッチリがんばれ
・いのちだいじに
・MPつかうな

モンスターとの戦闘でHPが0になってしまうとそのキャラクターの経験値がたまらないこともあるため、簡単に倒せるモンスターであれば、「ガンガンいこうぜ」というさくせんを設定しておき、何回かの攻撃が必要な場合は「バッチリがんばれ」を設定しています。

・ウォークモードを利用する

ウォークモードについては、出かける場合に利用しています。

通勤通学や外出時に、最寄りの駅を「どこでも目的地」で設定しておき、歩いて最寄り駅に向かうときに「ウォークモード」に設定しておき、移動時にレベル上げができるようにしています。

・モンスターをタップする

ドラクエウォーク(DQW)画面でモンスターが出現しますが、ビックリマークが付いていないモンスターもいるかと思います。

このビックリマークが付いていないモンスターとは戦闘できませんが、そのモンスターをタップすると主人公の丸い白い円の中に入ってきます。

つまり、タップすることでそのタップしたモンスターを呼び寄せることができます。

このように呼び寄せることができるので、主人公の近くにいるモンスターはなるべくタップして戦闘をするようにしています。

レベル上げをしたい場合などは、なるべく白い円の中に呼び寄せるためにモンスターをタップしながらプレイしてください。

週末メタルダンジョンもある

ドラクエウォークの毎週末に実施されるレベル上げを効率よく実施できるイベントが「週末メタルダンジョン」です。

メタルスライムなどの倒すと経験値を一気に獲得できるメタル系のモンスターが登場するイベントです。

このイベントで効率よくメタルスライムなどのメタル系モンスターを倒すことでレベル上げも実施できるので、週末のイベントであるメタルダンジョンを攻略するようにしてください。

ドラゴンスエストウォークのモンスターのこころの装備について

DQWでレベル上げをしている場合などで戦闘の後に「モンスターのこころ」を入手する場合があります。

この「モンスターのこころ」は主人公や中たちの能力をアップさせることができます。

アップさせることができる項目は以下のとおりです。

・さいだいHP
・さいだいMP
・ちから
・みのまもり
・こうげき魔力
・ぼうぎょ魔力
・すばやさ
・きようさ

このモンスターのこころですが、キャラクターごとに3種類のモンスターのこころが装備できます。

装備する画面に3つの枠が用意されていまうが、その枠のひとつは虹の表示で、もう2つは職業ごとに色が決まっています。

モンスターのこころにも色があり、キャラクターの色と「モンスターのこころ」の色が同じ色だと色合わせボーナスが発生して効果がアップします。





そのため、DQウォークでモンスターのこころを装備する場合は、なるべくキャラクターの職業の色とモンスターのこころの色が一致するものを選ぶのが攻略方法としてはよいかと思います。

ただ、モンスターのこころを装備するには、コストがあります。

「モンスターのこころ」ごとにコストがあり、3つのモンスターのこころのコスト合計が、そのキャラクターのコストを越えてはいけませんし、同じモンスターのここらは複数装備できません。

なお、ドラゴンクエストウォークのキャラクターごとのコストは、レベルアップするごとに増えていきます。

このモンスターのこころですが、「こころチャンス」と「かくてい」の2つがあります。

地図上のモンスターで時々「かくてい」と表示されているモンスターがいますが、そのモンスターを倒した場合は必ずモンスターのこころを入手できます。

また、「金(黄色)」の丸いマークが表示されているモンスターもいますが、このモンスターの場合は高確率でモンスターのこころを入手できることを表しています。

ドラキーを例にしてランクの違い

このモンスターのこころですが、こころにはランクがあります。

ランクの高い順番に、S・A・B・C・Dとなっています。

一章で登場するドラキーを例にするとランクがアップする能力は以下のとおりです。

ここでは「さいだいHP」を例にしています。

ランクD +3
ランクC +3
ランクB +4
ランクA +4

ランクSは手に入れてないので詳細は分かっていません。
また、ドラキーという最初に登場するモンスターということもあり、それほど大きな能力アップには繋がりません。

ただ、DQウォークの1章で登場する「メーダ」というモンスターのランクAだと能力がアップしていることが実感できました。

・さいだいHP +15
・さいだいMP +14
・ちから    +6
・みのまもり  +8
・こうげき魔力 +5
・ぼうぎょ魔力 +11
・すばやさ   +8
・きようさ   +6

さらにこのような基本的な能力だけでなく、特殊効果も用意されています。

メーダのAランクであれば、特殊効果として「こころ最大コスト+3」があります。

メーダのモンスターのこころを装備することでコストを+3増やすことができるというものです。

なお、ドラクエウォークの一章で手に入れたモンスターのこころで、特殊効果として以下のようなものがありました。

ドラキーAランク
こころ最大コスト+3

スライムベスAランク
こころ最大コスト+3

しましまキャットDランク、Cランク
封印耐性+3%

しましまキャットAランク
こころ最大コスト+3
封印耐性+3%

リリバットDランク
スキルの体技ダメージ+3%
怯え耐性+5%

きりかぶこぞうCランク
ヒャド属性じゅもんダメージ+6%
バギ属性じゅもんダメージ+6%
転び耐性+7%
縛り耐性+7%

びっくりサタンDランク
毒耐性+3%

プチアーノンBランク
こころ最大コスト+2

メーダ
こころ最大コスト+3

特に「きりかぶこぞう」の特殊能力が多かったです。一章では僧侶が仲間になり、レベル10になると攻撃じゅもんである「バキ」を覚えます。

バギはすべての敵にダメージを与えることができる攻撃じゅもんのため、このダメージがアップする「きりかぶこぞう」のモンスターのこころを手に入れておくのは効率よくモンスターにダメージを与えるための方法となり、QDウォークのボスとの戦闘を行う上での攻略法になります。

このように基本的な能力だけでなく、特殊効果もあるので、このふたつを考えながら装備するようにしてください。

モンスターのこころのランクはあげられる

モンスターのこころですが、モンスターを倒して入手できるだけでなく、入手した同じモンスターのこころであれば、ランクをグレードアップすることができます。

これを「こころグレードアップ」といいます。

Dランクのモンスターのこころが2つあれば、Cランクのモンスターのこころにグレードアップできます。

Cランクのモンスターのこころが3つあれば、Bランクのモンスターのこころにグレードアップできます。

Bランクも同じモンスターのこころが3つあれば、Aランクにグレードアップできます。

SランクについてはAランクのモンスターのこころが4つ必要となります。





このようにDQウォークのモンスターがドロップしたモンスターのこころはグレードアップできるので、かくていやチャンスのモンスターと戦うくとで効率よく集めることができるので攻略法として覚えておいてください。

DQWの装備について

ドラクエウォークですが、主人公たちの装備として武器や防具などを装備して戦闘を行います。

この武器自体にランクがあり、強いランクの武器や防具ほど、攻撃力や守備力がアップします。

また、その武器や防具自体を強化することができます。

強化する時には、「ぶき強化石」という強化をするためのどうぐとゴールドが必要となりますが、この2つを利用することで武器を強化することができます。

武器を強化することでその武器を装備した時の攻撃力をアップさせることができることはもちろんのこと、その武器ごとのスキルや特殊効果なども利用できるようになります。

このように武器や防具自体を強化して攻撃力や守備力、さらにスキルや特殊効果が利用できるようになるため、1章の途中から武器や防具の強化をしていくこともドラクエウォークの攻略法となります。

また、武器や防具については「ふくびき」を利用してランクの高いアイテムを手に入れる方法もあります。

特に「10連ふくびき」を利用した場合は星5と強力な武器などを手に入れることができるので、利用してみてください。

なお、2章に入ると10連ふくびきで星5や星4などの武器・防具がないとフィールドに登場しているモンスターでも倒すのに苦労します。

ドラクエウォークのランドマークについて

ドラクエウォークですが、47都道府県ごとにランドマークが4つ設定されておりそのランドマークに行くことで実施されるご当地クエストをクリアすることでお土産(おみやげ)をもらうことができます。

都道府県ごとにスライムの形をしたおみやげが必ず一つ用意されていて、千葉県であれば落花生スライム、山梨県であればももスライムなどその土地にちなんだ名産品の形をしたスライムがお土産として手に入れることができます。

このランドマークがどのように画面に表示されているかを確認するために千葉県のランドマークのひとつになっている「幕張メッセ」に行ってみました。

実際に幕張メッセに行ってみると、以下のようにドラクエウォークのマップ上に表示されていました。

また、幕張メッセですがいくつかのホールがありますが、その国際展示場ホールの中でも1ホールから8ホールの場所の入り口でご当地クエストを解放して実施することができました。

幕張メッセでのご当地クエストは「マックハリの村をめざそう!」というクエストでこのご当地クエストをクリア(攻略)することでおみやげである「落花生スライム」を入手できました。

最後に

ドラクエウォークですがスマートフォンの位置情報を利用してゲームを進めていきます。実際の地図にドラクエのゲームの世界が反映されて目的地を目指しますが、スマートフォン(スマホ)の画面を見ながら歩く、歩きスマホでプレイすることになるので周りの状況に注意しながらプレイしてください。

→ ドラクエウォーク(DQウォーク)の都道府県ごとのランドマークと入手できるお土産は?
→ ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)のクエスト攻略法 誰でも簡単にクエストを達成できる方法
→ ドラクエウォークの千葉県ランドマークのマックハリ村(幕張メッセ)のご当地クエストの攻略ポイントを紹介!
→ 【DQウォーク】レベル上げは週末メタルスライムダンジョンと4つのコツを活用しよう!
→ 大航海時代6の事前登録がスタート・リリース日はいつか?
→ マリオカートツアーのドライバーズライセンスとニンテンドーアカウントの取得方法を紹介!
→ 大航海時代6(ウミロク6)の航海士の組合せは?海戦や探検を効率よく攻略するための選び方を紹介!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. ライン保険でスマホのおまもり(動産総合保険)に加入!
  2. タブレットを車内で使うためのコスパの良い車載ホルダーとアマゾンビ…
  3. LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度って何だ?
  4. Jリーグがeスポーツの大会をモバイル版ウイイレ2019で開催!
  5. 東京駅の穴場のコインロッカーと予約できる手荷物預けサービスを知っ…
  6. ドラクエウォーク(DQウォーク)の都道府県ごとのランドマークと入…
  7. 大航海時代6(ウミロク6)の航海士の組合せは?海戦や探検を効率よ…
  8. 新ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は水玉柄のマーカー式でスマホで撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP