IT関連

楽天ペイアプリは楽天カードと組み合わせて二重でポイント取得!


スポンサーリンク

スマホで料金の支払いができるようなサービスが広がっていますが、その中で「楽天ペイアプリ」について、ポイントのたまり方やアプリの画面などを紹介しています。

楽天ペイとは?

楽天ペイは、クレジットカード払いをカードではなく、スマホのアプリで利用できるサービス(アプリ)です。

商品を購入する場合、クレジットカード払いであれば、クレジットカードを提示してサインをするかと思います。

この時に、スマホに楽天ペイアプリがインストールされていれば、クレジットカードを提示する必要がなく、アプリの画面を提示することでお支払いが可能です。

このようにクレジットカードがなくても、スマホに楽天ペイアプリがインストールされていれば、カード払いができてしまう点が便利な点かと思います。

また、支払いの時に貯まっている楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を利用することも可能です。

保有している楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は1ポイント、1円として利用可能です。

また、支払い時に楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を利用できますが、楽天ポイントの利用だけでなく、楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を貯めることもできます。

楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を貯めれるのは、楽天市場で買い物をした場合や、クレジットカードの楽天カードを使った場合、または、楽天ポイントカードを提示した場合でしたが、新たに楽天ペイアプリを使う場合が増えました。

なお、楽天ペイアプリを利用して支払いを行った場合は、200円で1ポイントが貯まります。

さらに、支払い元のカードに楽天カードを設定しておけば、100円ごとに1ポイント貯めることができ、つまり、200円の支払いをした場合は3ポイント獲得することができ、このように二重で楽天ポイントを獲得することができます。

アプリを利用することと、支払いカードとして楽天カードを登録しておくことで、楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を効率よくためることができるのが、楽天ペイアプリです。

楽天ペイアプリの画面はどんな感じか?

どこで使えるのか?

コンビニでいうと、ローソンやナチュラルローソン、ローソン100です。

なお、ローソンと言えばポンタカードを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、楽天ペイアプリで支払いをして、さらに、ポンタカードを提示することで、楽天スーパーポイントだけでなく、ポイントのポイントも獲得できます。

お得に、ポイントを貯めることができます!

どんな感じで使うのか?

料金を支払う場合ですが、3つの支払い方法があります。

・バーコードを提示
・QR読み取り
・セルフ(金額入力)

バーコード提示

楽天ペイアプリで表示したバーコードをお店のレジで読み取ってもらい支払いをする方法です。

主にローソンで楽天ペイアプリを利用する場合に使う支払い方法です。

QR読み取り

会計時にお店で楽天ペイでの支払いを指定して、発行されたQRコードを読み取って支払う方法。

セルフ

支払いをするお店を楽天ペイアプリで指定して、自分で金額を入力して支払う方法。

楽天ペイアプリを利用する上で、スマホの位置情報はオンにしておく必要があります。

セルフで支払いをする場合ですが、位置情報を利用して、支払いをする店舗にいるかどうかを判断しているようです。

国内利用か否かの確認、加盟店利用履歴の記録および不正利用防止を目的としています。

楽天ペイのキャンペーンは?

楽天ペイですが、毎月、何かしらのキャンペーンが実施されています。

2018年7月に実施されているキャンペーンを紹介すると以下のようなキャンペーンがあります。

・ローソンで初めての楽天ペイアプリお支払いで200ポイント

事前のエントリーが必要ですが、楽天ペイアプリからもエントリーができ、楽天ペイアプリでクレジットカード登録を実施して、期間内(2018年7月2日午前10時から2018年8月1日午前9時59分まで)にローソンで初めて楽天ペイアプリで支払いをし、キャンペーン期間内に合計300円(税込)以上支払いをすると楽天スーパーポイントを200ポイント獲得できます。

・楽天ペイアプリ利用者数No.1記念!

2018年4月1日午前0時から2018年7月31日午前9時59分までの期間で、対象店舗にて楽天ペイで支払った金額の10%が楽天スーパーポイントとして付与されます。

ローソンでの支払いはバーコードで、ローソン以外の店舗ではQRコードを読み取って支払いが可能です。

なお、本キャンペーンには上限ポイント数が設定されており、一人当たり5000ポイントまでとなっています。

・楽天ペイアプリを初めて使って1000ポイント

このキャンペーンは常時開催されているキャンペーンで、2018年7月1日の午前0時以降のエントリーが必要です。(なお、エントリーと同月内であれば、楽天ペイアプリでの支払い後のエントリーでも対象になるとのことです)

楽天ペイアプリでの初めて支払いを行い、初めて支払いを行った月にエントリーと同月内の合計支払い金額が5400円(税込)以上の場合に1000ポイントが獲得できます。

このようにキャンペーンも随時、実施されているのでうまく活用して、より多くの楽天スーパーポイントを獲得してください。

最後に

アプリでいろいろと便利なことができるようになっていますが、心配なのが盗難や紛失した場合ではないでしょうか?

そこで、紛失対策として利用できるアプリとしてAndroidユーザーであれば「Androidデバイスマネージャー」を利用することをオススメします。

また、紛失防止グッズとして、「MAMORIO」や「Tile」というタグ(トラッカー)と呼ばれる商品もあるので、一度、アマゾンなどのページで確認してみてください。

 

→ LINEウォレット(ラインウォレット)って何?
→ LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度って何だ?
→ 楽天で見つけたハイブリッドPC(中古パソコン)のコスパがスゴイ!
→ LINE(ライン)のトークで送られてきた写真を効率よく整理しておく方法
→ SIMカード(シムカード)だけの乗り換えでLINE(ライン)はすぐに使えるのか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. シンクシンク(Think!Think!)アプリで楽しく子どもの思…
  2. タブレットを車内で使うためのコスパの良い車載ホルダーとアマゾンビ…
  3. ディズニー公式アプリで待ち時間が表示 されない時の設定箇所はココ…
  4. タブレット学習(勉強)に取り組んだ小学一年の娘を見ると遊びの延長…
  5. コンビニでのUSBからのプリントアウト(印刷)サービスはいざとい…
  6. LINEウォレット(ラインウォレット)って何?
  7. 未来予測の4CAST(4キャスト)でラインポイントを稼ごう!
  8. アマゾンエコードットを車内で聴くコツはプレイリスト!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP