IT関連

LINE(ライン)のトークで送られてきた写真を効率よく整理しておく方法


スポンサーリンク

LINE(ライン)で送られてきた写真を保存しておく方法がないかと調べてみたら、LINE(ライン)の中にKEEP(キープ)という機能があることが分かりました。

このLINEKeep(ラインキープ)は写真や動画、トークの内容、さらにLINE(ライン)で受け取ったワード(Word)やエクセル(Excel)などのファイルも保存しておくことができる機能で、無料で利用することができます。

ただ、保存できる容量に制限があり1GB(1ギガバイト)までです。

容量に制限があるもののトーク中に送られてきた写真を保存しておくことができます。

なお、1ファイルが50MB(50メガバイト)を越える場合のみ、そのファイルの保存期間が30日となります。

Keep(キープ)への保存方法

Keep(キープ)に写真を保存する場合ですが、複数の写真を一括で保存する方法、1枚の写真のみを保存する方法などいくつかの操作手順があります。

複数の写真を一括で保存する方法

LINE(ライン)のトーク内で送られてきた写真をKeep(キープ)に保存する場合ですが、該当の写真を長押しします。

そうすると、「Keepに保存」「削除」「転送」「ノートに保存」の4つの項目が表示されるので、「Keepに保存」をタップすると画面の下に「Keep(1)」と表示されるので、その部分をタップすると保存することができます。

なお、画面の下に「Keep(1)」と表示されている画面では他の写真やトークの内容も選択できるようになっています。

他の写真も一緒にKeepに保存したいのであれば、この画面で画面右側のチェックボックスにチェックを入れることで合わせてKeepに保存することができます。

1枚の写真のみを保存する方法

また、画面に表示した写真のみを保存する方法としては、以下のとおりです。

トーク内の写真をタップします。

全画面表示で写真が表示されるので、画面左下の「<マーク」をタップします。

「他のトークに送信」「タイムラインに共有」「アルバムに保存」「Keepに保存」「その他アプリで共有」というメニューが表示されるので、「Keepに保存」をタップすると保存することができます。

この画面では、表示している写真のみの保存となります。

ちなみに、トーク画面から写真を長押しして「Keepに保存」をタップした時に「保存期間が終了したため写真を読み込めません。」と表示される場合があります。

この場合、エラーメッセージ(「保存期間が終了したため写真を読み込めません。」)のとおり、LINE(ライン)のサーバーから該当の写真が削除されています。

そのため、保存することができません。

自分のアカウントからKeepに保存する方法

自分のアカウント画面を表示して「プロフィール設定」「ホーム」「Keep」と並んでいる部分の「Keep」をタップします。

この画面からの写真の保存は、トーク画面でやりとりした写真だけでなく、端末やSDカードに保存している写真もKeepに保存することもできます。

Keep画面の右上に表示されている「+」をタップします。

タップすると「テキスト」「写真/動画」「写真を撮影」「動画を撮影」「ファイルを選択」のメニューが表示されるので「写真/動画」をタップして、Keepに保存したい写真や動画を選択します。

あと、トーク画面の一番下からもKeepを起動できます。

文字を入力するスペースのすぐ左側に「+」マークがあります。

この「+」マークをタップすると、メニューが表示され、その中に「Keep」があります。

このように、様々な所からKeepが起動できるので、自分が使いやすい方法で利用してください。

やっぱり、トーク画面から利用するのが個人的には一番利用しやすいのではないかと思っています。

ここまでは、キープでの利用を説明しましたが、次にアルバムの機能を紹介します。

アルバム機能を利用

トーク内にある写真を整理できる機能として「アルバム」機能が用意されています。

「アルバム」は、写真などを保存する機能ですが、動画は保存できないので注意が必要です。

トーク内で送った写真を整理したり、1枚づつ写真を送るのも・・・と思う場合などにアルバムにまとめて一括で送信することもできます。

トーク内の写真は一定期間が過ぎると削除されますが、アルバムに保存した写真については保存期間が無制限です。

トーク画面の右上に3つのマーク(電話のマーク、書類、Vマーク)がありますが「Vマーク」をタップすると、メニューが表示されます。

その中に「アルバム」のメニューがあるので、「アルバム」をタップすると、アルバム機能が利用できます。

また、トーク内の写真をタップして、写真を全画面表示の状態で画面左下の「<マーク」をタップして、表示された「アルバムに保存」を選択しても、アルバム機能を利用できます。

アルバム機能ですが1対1のトークだけでなく、グループでも利用できます。

が、グループで利用する場合にひとつ注意があります。

複数人で利用するトークですが、2つの種類のグループがあります。(今回、アルバム機能について調べている中で私は初めて知りました。)

・複数人トーク
・グループトーク

アルバム機能が利用できるのは「グループトーク」です。

「複数人トーク」と「グループトーク」の違いは?

複数人トークですが、1対1で会話をしている中に友達を招待することでできる集まりになります。

複数人トークは、トーク画面の右上の「Vマーク」をタップして表示されるメニューの中の「招待」をタップして友達を追加していきます。

このように、トーク画面から「招待」を利用して友達をトーク画面に追加した場合が「複数人トーク」となります。

グループトークは、友だち画面の右上の人マークをタップして、「友だち追加」画面の「グループ作成」からグループ名とメンバーを追加していきます。

この「グループ作成」から作成したグループでの会話(トーク)が「グループトーク」となり、この「グループトーク」でないと「アルバム機能」は利用できません。

なお、複数人トークなのか?グループトークなのか?は、トーク画面の右上に「ノートマーク」や「Vマーク」が表示されているかで確認できます。

このように画面で確認できる部分があるので、判断するためのポイントとして覚えておいてください。

アルバムの活用

アルバムはトーク内の写真だけでなく、端末に保存している、SDカードに保存している写真も整理できます。

ちなみに、お子さんの成長を楽しむために、毎年行くような所があれば、その場所のアルバムを作成しておくことで、毎年の成長を楽しむことができます。

このように写真を整理するとともに、特にお子さんがいらっしゃるようであれば、成長を見直す楽しみなどもあるので、アルバムを活用していただければと思います。

 

→ LINEウォレット(ラインウォレット)って何?
→ 未来予測の4CAST(4キャスト)でラインポイントを稼ごう!
→ LINEポコパンタウンで空花の獲得法や高得点での攻略法!
→ ラインスマート投資(LINEスマート投資)はテーマとスタイルで投資するサービス
→ 楽天ペイアプリは楽天カードと組み合わせて二重でポイント取得!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. シンクシンク(Think!Think!)アプリで楽しく子どもの思…
  2. コンビニでのUSBからのプリントアウト(印刷)サービスはいざとい…
  3. 「トドさんすう」は3歳児から低学年向けの算数アプリとしておススメ…
  4. ディズニー公式アプリで待ち時間が表示 されない時の設定箇所はココ…
  5. LINEウォレット(ラインウォレット)って何?
  6. 楽天で見つけたハイブリッドPC(中古パソコン)のコスパがスゴイ!…
  7. 新ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は水玉柄のマーカー式でスマホで撮…
  8. タブレット学習(勉強)に取り組んだ小学一年の娘を見ると遊びの延長…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP