IT関連

SIMカード(シムカード)だけの乗り換えでLINE(ライン)はすぐに使えるのか?


スポンサーリンク

今までフリーテル(freetel)の格安シムを利用していましたが、この格安SIMカード(シムカード)の乗り換えをしました。
具体的には、フリーテル→マイネオ(mineo)に乗り換えました。

今回のSIMカード(シムカード)の交換で気になったのが、「LINE(ライン)はそのまま使えるのか?」という点です。

端末はそのままで、利用しているSIMカード(シムカード)を交換した場合、LINE(ライン)での作業(アカウントの引継ぎなど)が、あらかじめ必要なのか?




それとも、単純にSIMカード(シムカード)を入れ替えれば、今ままでどおりにLINE(ライン)が利用できるのか?という点が気になっていました。

そこで実際に検証してみた結果を紹介したいと思います。

検証した結果は?

実際に格安SIMカード(格安シムカード)を入れ替えてみましたが、

結果は「そのまま利用できました!
(あくまでも、端末は今まで利用していた端末でSIMカード(シムカード)のみを入れ替えた場合です)

問題なく利用できましたが、mineo(マイネオ)のSIMカードに入れ替えた後で、初めてLINE(ライン)を利用した場合に
「電話番号を確認しよう」と表示され、「現在お使いの電話番号がLINEに登録されているか確認することをお勧めします。」と
いうメッセージは表示されました。

あえて「キャンセル」ボタンを押しましたが、その後、利用は問題なくできています。

現時点での利用は問題ないですが、利用しているSIMカード(しむカード)を交換したので、LINE(ライン)に登録されている
電話番号を変更するには、どうしたらよいか?という点を調べました。

LINE(ライン)に登録されている電話番号の変更方法

LINE(ライン)に登録されている自分の電話番号ですが、友だち画面の右上のネジボタンから確認できます。

ネジボタンを押すと設定画面が表示されるので「アカウント」をタップします。

アカウント画面の一番上に「電話番号」が表示されています。また、電話番号の右側に「変更」ボタンがあり、この変更ボタンを押すことでライン(LINE)に登録している電話番号も変更することができます。

LINE(ライン)に登録している電話番号の変更方法が分かったので、もし利用していて不都合が発生したら、電話番号を変更しようと思っています。(今のところは問題なく利用できています)

格安シムカードを入れ替える方法

格安シムカードの入替後、LINE(ライン)は利用できていますが、LINE(ライン)が利用できるまでに実際に行った作業も併せて紹介しておきます。

まずは、mineo(マイネオ)のSIMカード(シムカード)に入れ替える手順です。

格安SIMカード(格安シムカード)を入れ替える方法ですが、現在利用しているHUAWEI社(ファーウェイ社)のP9Liteでの
入れ替えを例に説明します。

P9LiteでSIMカード(シムカード)を交換(入替)する場合ですが、購入時の付属品として用意されていた以下の差し込み用のピンが必要となります。

このピンをSIMカードのスロットの差し込み口に挿入して、押し込むとシムカードスロットが端末から飛び出してきます。

このスロットにシムカードとマイクロSDカードを挿入するようになっています。

シムカードを置く向きに注意して、シムカードをスロットにセットしたら、スロットを端末に押し込みます。
カチッと音がするまで押し込みました。

ここまでがシムカードの入替方法となります。

格安SIMカード(シムカード)のネットワーク設定

シムカードの入替が終わったら次に、新しいSIMカードでのネットワーク設定が必要となります。
このネットワーク設定は「mineo(マイネオ)のご利用ガイド」に記載があります。

手順は以下の通りでした。

まずは設定アプリをタップして、設定画面を起動します。

「Wi-Fi」と「Bluetooth」をオフにして、「その他」メニューをタップします。

「その他」画面が表示されるので、「モバイルネットワーク」をタップします。

「モバイルネットワーク」画面が表示されるので、「モバイルデータ通信」をオンの状態にして「アクセスポイント名」をタップします。

「APN」画面が表示されるので、一覧の中から「mineo(Dプラン)」を選択します。
(今回、申し込みをしたのが「mineo(Dプラン)」のため、「mineo(Dプラン)」を選択しています)

なお、HUAWEI社(ファーウェイ社)のP9Liteですが、「アクセスポイント」の設定はあらかじめ端末に用意されていました。

mineo(マイネオ)から送付された「mineo(マイネオ)のご利用ガイド」の中には、ネットワーク設定として
以下の項目を入力するように記載がありました。

・名前/ネットワーク名:(設定が必要な場合)任意の名前を入力
・APN/APN設定:mineo-d.jp
・ユーザーID/ユーザー名:mineo@k-opti.com
・パスワード/password:mineo
・認証タイプ/PPP認証方式/PPP認証設定:CHAPを選択

これらの入力をする必要があるとのことでしたが、P9LITEには、あらかじめこの内容が登録されておりました。
ちなみに、格安SIMの会社ごとに設定が用意されていました。

そのため、上記のように「mineo(Dプラン)」を選択するだけでした。

これらの設定が完了したら、インターネットに接続することができるようになります。

早速、LINE(ライン)に接続すると、接続ができ問題なく利用することができました。
(ただ、電話番号を確認するメッセージが表示されましたが、問題なく利用できています。)

LINE(ライン)のアカウントの引継ぎ

今回はシムカードの入替(フリーテルからマイネオへの)のみで、端末の交換はしませんでしたが、機種変更をする場合は、LINE(ライン)のアカウントを引き継ぐ必要があります。

その場合に必要な作業は以下のとおりです。

1.機種変更前のスマホでの事前設定
2.機種変更後のスマホでのLINE(ライン)のアカウントの引継ぎ

1.機種変更前のスマホでの事前設定での作業は?
・メールアドレスの確認
・パスワードの再設定(必要に応じて)
・トーク履歴のバックアップ
・機種変更当日に実施する「引き継ぎの許可」

メアドの確認とパスワードの再設定

上記の「メールアドレス」と「パスワード」ですが、機種変更後の端末でLINE(ライン)を
使う場合に、この「メールアドレス」と「パスワード」でログインします。

この「メールアドレス」と「パスワード」でログインしないと、アカウントの引継ぎができないので
注意してください。

なお、確認方法は、LINE(ライン)の「友だち」画面で右上の「ネジ」アイコンをタップし
表示された「設定」画面の「アカウント」をタップします。

「アカウント」画面が表示されるので、「メールアドレス」をタップして、登録されている「メールアドレス」を
確認します。

「パスワード」については、忘れてしまった場合は「パスワード」から再設定が可能です。

トーク履歴のバックアップ

トークの内容は端末に保存されているため、バックアップを取得して、機種変更後の端末で復元を
しないと、トークの内容は消えたままになってしまいます。

※以下はAndroidを利用している場合の操作手順になります。

トーク履歴のバックアップの方法は、確認方法は、LINE(ライン)の「友だち」画面で右上の「ネジ」アイコンをタップし
表示された「設定」画面の「トーク」をタップします。

「トーク」画面が表示されるので、一番上に表示されている「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップし、
「Googleドライブにバックアップ」をタップします。

機種変更当日に実施する「引き継ぎの許可」

機種変後の端末が手元に届いたら、「アカウント引継ぎ」を実施します。

変更前の端末で、LINE(ライン)の「友だち」画面で右上の「ネジ」アイコンをタップし
表示された「設定」画面の「アカウント引き継ぎ」をタップします。

「アカウント引き継ぎ」画面が表示されるので、「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定します。

設定後、36時間以内に引継ぎ作業を行うようにしてください。

2.機種変更後のスマホでのLINE(ライン)のアカウントの引継ぎ

機種変更後の端末で、LINE(ライン)にログインする場合ですが、あらかじめ確認しておいたメールアドレス」と「パスワード」でログインしてください。

ログインすることで以前の端末で利用していた情報が引き継がれます。

ただし、トークの履歴については、復元作業を実施しないといけないので、復元作業を忘れずに行ってください。

機種変更後の端末でバックアップしたトーク履歴を復元する場合は、バックアップを取得する時と手順はほとんど同じです。




トーク履歴のバックアップの方法は、確認方法は、LINE(ライン)の「友だち」画面で右上の「ネジ」アイコンをタップし
表示された「設定」画面の「トーク」をタップします。

「トーク」画面が表示されるので、一番上に表示されている「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップし、
「復元する」をタップします。

最後に

格安SIMカード(しむかーど)のみの入替(交換)の場合は、LINE(ライン)での作業は必要なく、そのまま利用することができました。

SIMカードの乗り換えをする場合の参考になればと思います。

 

→ LINE(ライン)のトークで送られてきた写真を効率よく整理しておく方法
→ 未来予測の4CAST(4キャスト)でラインポイントを稼ごう!
→ LINEウォレット(ラインウォレット)って何?
→ LINEポコパンタウンで空花の獲得法や高得点での攻略法!
→ ラインスマート投資(LINEスマート投資)はテーマとスタイルで投資するサービス
→ 楽天ペイアプリは楽天カードと組み合わせて二重でポイント取得!
→ ビデオカメラの液晶画面に「E:61:10」が表示されたのでソニーサービスステーションで修理!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. タブレットを車内で使うためのコスパの良い車載ホルダーとアマゾンビ…
  2. 楽天で見つけたハイブリッドPC(中古パソコン)のコスパがスゴイ!…
  3. 娘にローランドの電子ピアノRP501Rを購入!父親が一人で練習で…
  4. Jリーグがeスポーツの大会をモバイル版ウイイレ2019で開催!
  5. タブレット学習(勉強)に取り組んだ小学一年の娘を見ると遊びの延長…
  6. ダイヤモンドダイアリーの攻略法やアイテムの使い方・高得点の獲得法…
  7. 未来予測の4CAST(4キャスト)でラインポイントを稼ごう!
  8. アマゾンエコードットを車内で聴くコツはプレイリスト!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP