生活

オーダーシャツなのに安い!4980円でリーズナブルなKEIのシャツ


スポンサーリンク

オーダーシャツは高い!と思っていましたが、自分の思い込みでした。「世界一簡単なスーツ選びの法則」という書籍を読んで、その中で「KEI」というリーズナブル(4980円で!)なオーダーシャツを提供してくれる企業があることを知りました。

そこで、どのようにオーダーをすればよいのか?注文の流れはどうなっているかなどを調べて、さらに注文しようと思っています。

格安で品質もよさそうなオーダーシャツの「KEI」

早速、利用してみようと思いましたが、KEIのサイトを開くと「8月4日~8月10日分の注文受付終了」と記載されており、8月4日の18時にはすでに注文ができなくなっていました。

2018年8月4日から2018年8月10日の注文受付は2018年8月4日の12時40分に1週間の受注上限に達したということでこの1週間の注文についてはすでに受付終了となっていました。

週の生産上限を800着としていることで、その上限に達してしまったということで注文ができなくなっていました。

これだけ人気があるということは知る人ぞ知るオーダーシャツで品質もよいものではないかと感じています。

ちなみに、注文受付再開はメールマガジンで知らせるということでしたので、注文を考えている場合はメールマガジンを購読しておくのが良いかと思います。

オーダーシャツのKEIの採寸方法は?

オーダーシャツというと、まず気になるのがどうやって採寸をするのか?という点です。

実際の店舗があれば、店舗に行き店員さんが採寸をしてくれますがネットで注文をするとなるとどのような方法で採寸するのかが気になります。

この採寸が重要で、ゾゾスーツのようにスーツとスマホを使って撮影して採寸する方法もありますが、「KEI」の採寸方法(計測方法)を調べてみると以下のような4つの方法が用意されていました。

・BODY SIZES(自己採寸)
・AUTO SIZES(オート採寸)
・SENDING MY SHIRT(お気に入りのシャツを郵送)
・ORDER DATA SHARE(他オーダーデータ共有)

このような方法が用意されていました。

簡単に採寸を済ませたいということであれば2つ目の「AUTO SIZES(オート採寸)」がおすすめです。

この採寸方法の場合、「身長」「体重」「生まれた年」を入力するだけで、KEIでオーダーシャツを作成された5000人以上の採寸データから自動的に採寸をしてくれるシステムを独自に開発しているとのことです。

「SENDING MY SHIRT(お気に入りのシャツを郵送)」については、自分のお気に入りのシャツサイズを郵送して、KEIの技術者がサイズを測定して、その測定した数値を元に縫製をする方法です。

「ORDER DATA SHARE(他オーダーデータ共有)は、既にオーダーシャツを持っている場合でそのデータを元に縫製する方法です。

なお、採寸が必要な項目は全部で8項目です。

・首回り
・着丈
・肩幅
・袖丈
・胸囲
・ウエスト
・手首
・二の腕

これらの項目について「身長」「体重」「生まれた年」の3項目から自動的に算出してくれます。

自動的に算出しますが、算出された数値を修正することは可能で、それぞれの項目について調整することができました。

このように簡単に採寸をしたいのであれば「AUTO SIZES(オート採寸)」がおすすめです。

ただし、自分で計測、家族などに計測をお願いできるのであれば実際に計測する「BODY SIZES(自己採寸)」が良いかと思います。

上の画像のように採寸をする際ですが、身体のどこからどこまでを採寸(計測)すればよいのか?画像を使って説明してくれるので、その画像に従って計測することで、採寸した結果を8項目に入力して登録することもできます。

もちろん、画像は採寸する項目ごとに用意されており、さらに、採寸する際に気を付けるポイントも説明がありました。

オーダーシャツの種類は

KEI(ケイ)のオーダーシャツですが商品のラインナップは「STANDARD」「PREMIUM」「SPECIAL」の3つです。

・STANDARD:質感と品質を追求した上質な定番ライン 4980円 5980円
・PREMIUM:産地と素材にこだわったハイグレードライン 9980円
・SPECIAL:ものづくりを探求しつづけるフラグシップライン 12800円 14800円

上記のように、商品ラインナップごとに商品の料金が設定してあります。

また送料については2着までは全国一律で648円、3着以上で1080円です。

素材については天然素材のみで綿100%生地を使用しているとのことで、ポリエステルなどの人口素材は使用せずに、天然素材に加工をしているとのことです。

なお、生地の事前確認は可能で無料生地サンプルが用意されています。

注文してから商品が届くまでですが、注文後60日くらいはかかるとのことです。




最後に

オーダーシャツが4980円で購入できると知ったので、どのように採寸して、どのような素材を利用しているのかが気になりました。

ゾゾスーツを利用してオーダー型の洋服を着てみた感じがかなり良かったので、オーダーシャツも利用してみたいと思っています。

自分の体形にあった洋服を着ることで着心地がよく、不要なシワなどもできないかと思うのでオシャレに見れるのではないかと思います。

 

→ 新ゾゾスーツで採寸!オックスフォードシャツとTシャツを即購入!
→ 世界一簡単なスーツ選びの法則で伝えている7つのルール
→ コスパの良いワイシャツなら鎌倉シャツ!幅広い年代にオススメ!
→ 新ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は水玉柄のマーカー式でスマホで撮影!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 「正しい家計管理」(林あつむ著)を読んで分かった予算で支出をコン…
  2. 新ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は水玉柄のマーカー式でスマホで撮…
  3. パスタを簡単に作れるニトリのレンジ調理容器と和ピクルスで時間を有…
  4. メンタルトレーニングの方法ならコーピングスキルを解説したこの本!…
  5. 世界一簡単なスーツ選びの法則で伝えている7つのルール
  6. 新ゾゾスーツで採寸!オックスフォードシャツとTシャツを即購入!
  7. 千里浜なぎさドライブウェイはマイカーで走れる日本唯一の砂浜!
  8. マイストローにはアルミ製やステンレス製で洗浄用のブラシ付きもあり…

コメント

    • SS
    • 2018年 9月 27日

    とても参考になりました!早速購入しようと思いましたが、すでに受注停止でした。。やはり人気なんですねー

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP