生活

新ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は水玉柄のマーカー式でスマホで撮影!


スポンサーリンク

(画像はZOZOTOWNから引用。2018年4月29日に新ゾゾスーツの発表があり画像を変更。http://zozo.jp/shop/zozo/goods/25782997/

※2018年4月29日に追記

2018年4月27日に新ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)の発表がZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営している株式会社スタートトゥデイから発表がありました。

当初のゾゾスーツとの違いは、センサー方式からマーカー方式に変更(サイトの説明ではセンサー方式からマーカー方式に進化した)されたこと。




また、新しいゾゾスーツについては、スマホのカメラ(ZOZOTOWNアプリ)を利用して撮影するそうです。

全体に施されたドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影することで体型サイズを瞬時に計測できる新しい技術を搭載した計測スーツです。
引用元:ZOZOSUIT

スマホで撮影した結果はZOZOTOWNアプリで確認できるとのことです。

360度の撮影によってあなたの体型がスキャンされ、3Dモデルとして画面に表示されます。あらゆる角度に動かすことができ、あなたの体型が360度チェックできます。

引用元:ZOZOSUIT

このようにゾゾスーツ(ZOZOSUITE)の仕組みに変更はありますが、計測(採寸)した自分のサイズをもとに、洋服が注文できる点については以前のゾゾスーツと同じです。

さらに調べてみると、「自分サイズ検索」という機能が利用できるようになっていました。

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の中から自分の体型に合う商品だけを絞り込んで表示してくれる機能です。

また、「おまかせ定期便」というサービスも利用できるそうです。

おまかせ定期便の説明ページへ

なお、発送については2018年5月下旬を予定しているとの連絡もあり、2017年11月下旬に申し込んでから半年が経ちますが、ようやく手元に届く目途がたちました。

参考までに以前のゾゾスーツのイメージは以下のとおりです。

ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)がゾゾスーツ(ZOZOSUIT)という身体の採寸をするためのボディスーツを無料で配布するとサイト上に記載がありました。

詳細は公式サイトを参考にしてください。http://zozo.jp/sp/zozosuit/

ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は、身体にピッタリとフィットするボディスーツで、胸の部分に計測のための機器が取り付けてありました。

計測にはZOZOTOWNアプリが必要

専用のアプリ(「ZOZOTOWNアプリ(ゾゾタウンアプリ)」)を利用することで、機器で計測された情報を、アプリ上で確認できるような感じになっていました。

意外と自分のサイズ(袖の長さや首回りなど)をセンチメートルまでは把握していないこともあり、お店で採寸されたとして自分の場合はすぐに忘れてしまうことが多く、数値化できるなら数値化して把握しておいて損はない!と思い、興味を持ちました。

2018年1月31日のスタートトゥデイ(ゾゾタウンの運営会社)の2018年3月期第3四半期の決算発表会で前沢社長から、ゾゾスーツについて、2018年12月以降の予約者については最大で8ヶ月もかかる可能性があるとの発表がありました。

これは、ゾゾスーツについてミリ単位での精度を求める消費者の声があり、精度を追及するために検証をしていたことが、ゾゾスーツの配送遅延の理由であったそうです。

ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は無料、送料が200円

ゾゾスーツの詳細(http://zozo.jp/sp/zozosuit/)を調べてみると、この採寸用のボディスーツは無料で配布されるそうで、実際にかかる費用は送料の200円だけでした。(画面上ではゾゾスーツは3000円と表記されていましたが、最後の料金表示で特別値引きとして3000円がマイナスされて無料となりました)

送料の200円で利用できることが分かったので2017年11月に申込をしてみました。

ゾゾタウンの会員登録をして、ゾゾスーツをカートに入れるだけで手続きは完了でした。

なお、最後に自分の身長、体重、性別を入力する必要がありました。この入力でスーツのサイズが決まるのかは分かりませんが、入力が必要でした。

また、ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)の到着は1月頃になっていました。(上記のように配送が遅延しているため2018年1月末時点でも、まだ到着はしていません)

意外と人気があるのかもという感じでした。

ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)の紹介用の動画もみてみましたが、身体の1500箇所のデータを収集するようで、そのデータを元に注文ができるようでした。

ゾゾタウンのプライベートブランド

ゾゾタウンと言えば、PB(プライベートブランド)の「ZOZO」を当初は2017年11月から開始すると言われていましたが、2018年1月31日から販売を開始しました。

このゾゾスーツ(ZOZOSUIT)を利用して注文をすれば、自分の体型にあった洋服を作ってくれます。

また、同じような体型のデータの人がどんなサイズを選んでいるかなども分かり、サイズを選ぶ上での参考になるかと思います。

ZOZO(ゾゾ)の商品は「Tシャツ」と「デニムパンツ」

PB(プライベートブランド)である「ZOZO(ゾゾ)」の取り扱い商品は「Tシャツ(クルーネックTシャツ)」と「デニムパンツ」です。

価格はTシャツが1200円(税込)、デニムパンツが3800円(税込)。

カラーバリエーションはTシャツが4色(ホワイト・グレー・ネイビー・ブラック)でデニムパンツが3色(ワンウォッシュ・ダークインディゴブルー・ライトインディゴブルー)です。なお、それぞれ男性用と女性用があります。

Tシャツの素材は「コットン(100%)」で、送料は一律200円がかかります。

商品の詳細ページを確認するとTシャツについては、「計測された数値から体型に合わせてクルーネックの深さ、大きさが適用」されていたり、「自分のサイズに合う縫い幅の細さ、太さ、長さ、短さなどステッチの幅を変えて」いたり、「ほどよいゆとり」「腕まわり」なども考えられているとのことです。

また、Tシャツとデニムパンツを着用した方の写真なども掲載されていましたが、サッカーの本田圭佑選手や元陸上選手の為末大さん、前沢社長が掲載されています。

ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)の開発元

ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)はどこが開発したのか?気になったので調べてみました。




以下のニュースからニュージーランドのソフトセンサー開発会社であることが分かりました。

https://www.wwdjapan.com/511737

ニュージーランドのソフトセンサー開発企業 StretchSense Limited.と共同開発したもの。伸縮センサーを内蔵し、トップスとボトムスを着用してスマートフォンとBluetooth接続するだけで、採寸データを瞬時に計測できる。

上記の「StretchSense Limited」という企業のサイトも調べてみました。

https://www.stretchsense.com/

上記のサイトをみるとウェアブルデバイスを開発している企業のようでした。

これを見ると、スポーツ選手にこのようなスーツを着てもらうことで、いろいろな研究ができそうな感じがしました。

最後に

2018年1月末時点では、まだゾゾスーツが届いていませんが、ゾゾスーツが届いたら、自分の身体の計測を行い、Tシャツとデニムパンツを注文してみて、自分のサイズ感で作られたTシャツやパンツの着心地を試してみようと思いました。

 

→ コスパの良いワイシャツなら鎌倉シャツ!幅広い年代にオススメ!
→ 新ゾゾスーツで採寸!オックスフォードシャツとTシャツを即購入!
→ 世界一簡単なスーツ選びの法則で伝えている7つのルール
→ コンビニでのUSBからのプリントアウト(印刷)サービスはいざという時に便利!
→ 家具メッセバザール(幕張メッセ)はとにかく種類が豊富!
→ スキーウェア(子ども用)なら神田のロンドンスポーツ!50%オフにもなる!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. NHKのロシアワールドカップアプリが秀逸!様々なカメラアングルで…
  2. 新型スーパーあずさに乗るには?快適だった3つのポイント
  3. シンクシンク(Think!Think!)アプリで楽しく子どもの思…
  4. FOOT×BRAIN(フットブレイン)に高木美帆(たかぎみほ)選…
  5. 即位の礼とは?2019年のいつ、どこで行われるのか?
  6. タブレット学習(勉強)に取り組んだ小学一年の娘を見ると遊びの延長…
  7. マツコの知らない世界で紹介された日本産の7つのワイン
  8. スキー板どうする?子どもはシーズンレンタル!親はチューンアップ+…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP