スポーツ

2018女子バレーボール世界選手権の注目選手は黒後愛(くろごあい)選手!


スポンサーリンク

日本で開催されているバレーボール世界選手権ですが、日本女子バレーボールチームの注目選手は、何と言っても20歳の黒後愛(くろごあい)選手です。
まだ20歳であり、2018年に国際大会デビューを飾ったばかりではありますが、全日本女子のエース候補と呼ばれる存在の選手になれる逸材です。




そんな黒後愛(くろごあい)選手について、プロフィールや過去の所属チーム、日本代表歴についてまとめています。

黒後愛(くろごあい)選手のプロフィール

黒後愛(くろごあい)選手のプロフィールをwikipediaなどで調べてみました。

生年月日 1998年6月14日(20歳)
出身地 栃木県宇都宮市
身長 180cm
体重 70kg
血液型 B型
利き手 右
所属 東レ・アローズ

引用元:wikipedia

好きな言葉・座右の銘は「笑顔・笑う門には福来る」だそうです。
「笑う」という言葉がキーワードとなっていますが、テレビで特集などを見ていてもよく笑うという印象を
持っています。笑顔がかわいらしく、素敵な笑顔でその笑顔を見るとこちらも元気になってくるような感じです。

また、試合前の気合注入は「観客席を見て知人を探す」ことだそうです。

東レ・アローズの選手紹介を参照しています。

黒後愛(くろごあい)選手のバレーボール歴

バレーボールを始めたのは小学3年生からです。それからの所属チームは以下のとおりです。

・市立横川西小学校(サンダース)
・市立若松原中学校
・下北沢成徳高校
・東レ・アローズ

中学時代の逸話

黒後選手が中学生の時ですが、バレーボール部の部員が5人になってしまい、大会に出場できないということで帰宅部であった生徒をバレーボール部に勧誘し、6人のメンバーを揃えて大会に出場したこともあるとのことです。

なお、試合では黒後選手がそのメンバーの分まで守備をカバーしてあげるなどフォローをしながら試合を行い、なんと!このメンバーこのメンバーで県大会で優勝してしまうほどであったとのことです。

ご家族もバレーボールをされており、お父さんは大学のバレーボールチームの監督を、お姉さんも同じようにバレーボール選手だそうです。

バレーボールを始めたのもお姉さんの影響があったからだそうで、小学校3年生からバレーボールを始めたそうです。

黒後愛(くろごあい)選手の日本代表歴

2015 全日本ユース代表
18歳以下の選手で構成されるチームで第14回世界ユース女子選手権大会(U-18)に出場して9位で大会を終えています。

2016、2017 全日本ジュニア代表
2016年は、19歳以下の選手で構成されるチームで2016アジアジュニア選手権に出場して、準優勝で2017年の世界ジュニア女子選手権大会の出場権を獲得しています。
2017年は、20歳以下の選手で構成されるチームで第19回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)に出場して、準決勝でロシアに敗れましたが3位決定戦でトルコに勝って3位で大会を終えています。

この世界ジュニア女子選手権大会の準決勝が、黒後選手のバレー人生で思い出の試合になっているとのことです。
ちなみに、社会人になって初めての国際大会のメダルであったことも理由のようです。

2017、2018 全日本代表
全日本女子で国際大会のデビューとなったのは、2018年のバレーボール・ネイションズリーグです。
バレーボール・ネイションズリーグは、2018年9月29日から始まった2018女子バレーボール世界選手権の前哨戦となる大会です。

黒後愛(くろごあい)選手の魅力は?

魅力は日本人ばなれしたパワーと、そのパワーを使って放たれるスパイクです。
木村沙織(きむらさおり)さんも仰っていましたが、スパイクを打つ時の音が他の選手と違うとのことで、それもパワーがあるからだそうです。

また、中田監督も期待を寄せており、光るものを持っていると話をしていました。

まだ20歳で国際大会にデビューしたばかりのことを考えると、これからという期待もあり東京オリンピックの期待の選手であることは間違いないかと思いますが、ここぞ!というときにスパイクを決められるような選手になれるように、世界選手権で経験を積んでほしいと思います。

2018女子バレーボール世界選手権の日程

黒後選手が出場している2018年の女子バレーボール世界選手権ですが大会の特徴としては、第1次ラウンドから第3次ラウンドを経て、決勝ラウンドが実施されるというように大会の期間(スケジュール)が長いことがあげられます。

そのため、地力のあるチームが優勝するのではないかと予想しています。

各ラウンドの日程は以下のとおりです。

第1次ラウンド:2018年9月29日から2018年10月4日

第1次ラウンドはA組からD組まで4つのグループに分かれており各組6チームで構成されています。
各組上位4チームが第2次ラウンドに進出します。

第2次ラウンド:2018年10月7日から2018年10月11日

第2次ラウンドはE組とF組の2つのグループに分かれます。
E組は第1次ラウンドのA組とD組の上位4チームで構成され、8チーム
F組は第1次ラウンドのB組とC組の上位4チームで構成され、8チーム
各組の上位3チームが第3次ラウンドに進出します。

第3次ラウンド:2018年10月14日から2018年10月16日

第3次ラウンドはG組とH組に分かれます。
G組とH組は、抽選で3チームの組み合わせを決定します。

決勝ラウンド:2018年10月19日から2018年10月20日

決勝ラウンドは
各組の上位2チームが準決勝を行い、勝利したチーム同士で決勝戦を行います。
また、敗れたチーム同士で3位決定選を行います。
なお、第3次ラウンドの各組最下位のチーム同士で5位決定戦を行います。

 

→ Jリーグがeスポーツの大会をモバイル版ウイイレ2019で開催!
→ 東京オリンピックのチケット購入はTOKYO2020IDでの事前登録が必要!
→ UEFAチャンピオンズリーグ2019がDAZN(ダゾーン)で視聴できるようになっていた!
→ ラグビーワールドカップ2019のチケット販売は始まっています!
→ 海浜幕張アウトレットはアウトドア・スポーツ系のセール時期が狙い目
→ 42195DASH(42195ダッシュ)は応援する側も応援される側も一体感がハンパない!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京都内と千葉県のおすすめスケートリンクを紹介!
  2. 3×3(スリーエックススリー)のルールと観戦して分かった3つのこ…
  3. 【ラグビーワールドカップ2019】ファンゾーン東京スポーツスクエ…
  4. 青海アーバンスポーツパークってどこ?アクセス方法とシートマップ(…
  5. 千葉県の東京オリンピック聖火リレールートと聖火ランナーの申込方法…
  6. 山西利和(やまにしとしかず)選手は競歩20キロで東京オリンピック…
  7. 習志野高校の甲子園への壮行会や市役所訪問はいつになるか?
  8. ラグビーワールドカップチケットのリセールサービスで諦めていた試合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP