お出かけスポット

船橋市運動公園プールはドーム型滑り台・スライダー・ターザンロープなどが楽しめる!(2018年)


スポンサーリンク

2017年にリニューアルオープンした船橋市運動公園プールですが、2018年4月11日時点では2018年のオープン情報は船橋市運動公園プールのサイトに掲載されていませんでした。

オープン情報(営業期間)が分かり次第、記載したいと思います。
→2018年6月30日に船橋市運動公園プールのサイトが更新され、2018年の営業期間は2018年7月14日(土)から2018年9月2日(日)までです。(2018年7月3日追記)

船橋市にある船橋市運動公園プールが2017年にリニューアルオープンしたこともあり、2017年7月23日に行ってきました。

ドーム型滑り台プール、直線スライダー、回転スライダー、ターザンロープなど、他のプールではあまり馴染みのないプールがあることもあり、また、リニューアルしたこともあったので行ってきました。

2017年の船橋市運動公園プールの営業期間(オープン期間)

2017年7月17日(月)~2017年9月3日(日)までの期間でオープンしています。

なお、2017年8月23日(水)のみ休業となります。

営業時間は午前9時~午後5時までです。

利用料金

船橋市運動公園プールの利用料金(プール料金)は以下のとおりです。

大人:600円
大学生:390円
高校生:300円
小・中学生:150円
未就学児:無料

ただし、上記の金額は、プールに入場してから3時間までの料金です。

3時間をこえる場合は、それ以降、1時間ごとに半額がかかります。(10円未満の端数は切捨てとのことです。小・中学生の場合は70円です。)

なお、更衣室に入るときに購入したチケットを渡し、入場時間を記録します。

そして、帰るときに時間のチェックをして、3時間以内かを確認していました。

駐車場の場所と混雑具合

7月23日の日曜日に行きましたが、運動公園ということもあり、いろんなスポーツの試合などと重なっていました。

8時45分に着きましたが、野球場の駐車場、体育館の駐車場はすでに満車となっており、テニスコート側の駐車場を利用しました。

なお、駐車場は、野球場側、体育館側、テニスコート側、臨時駐車場側の4つがあります。

駐車場の配置は船橋市運動公園プールの交通アクセスのページをご参照ください。(今回利用したのが「テニスコート側」の駐車場です。)

実際の駐車場はこんな感じでした。

テニスコート側の駐車場からは歩いて5分ぐらいでプールに着きました。駐車場からプールへは案内板があり、それにしたがって歩くことで初めてでも迷わずに行くことができました。

9時5分前に船橋市運動公園プールに着きましたが、かなり並んでいました。

9時から入場が開始されましたが、並ぶこと30分。

ようやく、チケットを購入して、入場することができました。

船橋市運動公園のプールの種類

50mプール
9コース用意されており、水深は1.3mくらいです。

25mプール
8コース用意されており、水深は1.2mくらいです。

流れる(流水)プール
千葉県の形をした流れるプール。流れが早い所とそうでもない所の差が激しい。

造波プール
プールのはじにボールがあり、このボールが上下することで波を発生させていました。波自体を意識することはあまり、ありませんでした。

児童プール
流れるプールの内側にあるプール。水鉄砲が用意されているプール。水深は0.5mくらです。

幼児プール
流れるプールの内側にあるプールで入る場所に鍵がかけてあるプール。小さな子どもがプールから出て他のプールに行けないようになっていました。水深は0.2mくらいです。

ドーム型滑り台プール
ふわふわのドームをロープでよじ登り、上から滑っておりるプール。身長120cm以上の小学生以上が利用可能です。中学生以上は利用できません。

直線スライダー
全部で10台の滑り台が用意されていました。ただ、当日はひとつ置きに利用するような形になっていました。

回転スライダー
左右に揺られながらトンネル型のスライダーを滑りおりるスライダーです。

ターザンロープ
アスレチックにある、あのターザンロープがプールに用意されています。最後は、ロープからプールに飛び込みます。

オムツをしての利用もOK

オムツをしている幼児については、水遊び専用のオムツをした上で、さらに水着を着用すればプールに入ってもOKです。

その際に船橋市運動公園プールで利用できるプールは、児童・幼児プール、造波プール、流れる(流水)プール、25mプールです。

造波プールは、最初は浅く、徐々に深くなっています。

2歳の娘は、どんどん歩いて行き、足が届かなくなることも分からずに深い所まで行こうとしていたので、危うく溺れるところでした。

小さいうちは、親が目を離さないように注意してください。

船橋市運動公園プール内でのテント利用は不可

船橋市運動公園プールへのテントの持ち込みはできません。

ただし、日よけのための屋根が用意されていました。

なお、上記のテントは早い者勝ちでした。

更衣室(ロッカー)の様子

更衣室(ロッカー)はこんな感じでした。

リニューアルしたばかりということもあり、きれいなロッカーでした。

近隣のプール

今回は、船橋市運動公園プールに行きましたが、近くには市川市市民プールもあります。

船橋市運動公園プールが右側で、市川市市民プールが左側です。

船橋市運動公園プールの住所

住所:千葉県船橋市夏見台6-4-1

TEL:047-439-4411(プール専用回線、2017年9月3日まで)

市川市市民プールの住所

住所:市川市北方町4-2270−3

TEL:047-338-7346

 

→ 市川市市民プールは家族連れによいプール!(2018年)
→ イオン幕張(イオンモール幕張新都心)で水遊び!~スカイパーク~
→ 東京ドイツ村で水遊び!簾の屋根がありがたい!
→ ありのみコース(千葉県市川市)でアスレチックと水遊びが手軽に楽しめるぞ!
→ 「オープンフィールドインいちかわ」で道の駅いちかわと外環道を見学!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコドモトトモニをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 若洲公園キャンプ場はキャンプ+サイクリングが楽しめる!たき火クラ…
  2. 富士見パノラマリゾートから入笠山なら初めての親子トレッキングに最…
  3. 市川市動植物は動物との触れ合いだけでなくミニ鉄道・遊具でも楽しめ…
  4. 能登島でのキャンプなら家族旅行村Weランド!ケビンに泊まった!
  5. スターアイランド2018(未来型の花火大会)がお台場で5月に開催…
  6. 松本市の室内プールなら波田海洋センターとラーラ松本がオススメ!
  7. 千葉県市川市でホタルが観賞できる大町自然観察園
  8. 軽井沢アウトレットの無料駐車場を利用して得しよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP